Universiade Belgrade 2009 - Results

Permanent of Entry #379

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Universiade Belgrade 2009 Logoセルビアの Belgrade (ベルグラード/ベオグラード)で7月9日から11日まで開催されたユニバーシアード新体操競技の結果。

個人総合、優勝カナエワ(RUS)、準優勝ベッソノワ(UKR)、3位ユスポワ(KAZ)、4位リセンゾン(ISR)、5位コンダコワ(RUS)、6位ルダロワ(BLR)、7位ミテバ(BUL)、8位 Carolina Weber(AUT)。日本の大貫友梨亜選手は20位、日舞選手は21位。

個人種目別、全ての種目をカナエワが征した。

団体総合は4カ国の出場、優勝ロシア、準優勝日本、3位ウクライナ、4位北朝鮮。

団体種目別、全ての種目をロシアが征した。

Individual All-Around
Rank Gymnast CC Rope Hoop Ball Ribbon Total
1 KANAEVA Evgeniya RUS 27.850 28.100 28.575 28.650 113.175
2 BESSONOVA Anna UKR 27.175 24.750 27.300 26.725 105.950
3 YUSSUPOVA Aliya KAZ 26.450 26.500 26.250 26.700 105.900
4 RISENZON Irina ISR 26.600 26.425 26.150 26.300 105.475
5 KONDAKOVA Daria RUS 27.450 23.700 26.500 27.600 105.250
6 RUDALOVA Svetlana BLR 26.275 26.150 26.000 25.425 103.850
7 MITEVA Silviya BUL 25.350 25.975 25.575 26.450 103.350
8 WEBER Carolina AUT 25.350 25.100 25.250 25.075 100.775
9 GURBANOVA Anna AZE 25.200 25.650 24.625 25.200 100.675
10 MITROSZ Joanna POL 25.125 24.550 25.250 25.425 100.350
11 MAKSYMENKO Alina UKR 24.550 26.075 24.700 24.175 99.500
12 GARAYEVA Aliya AZE 24.150 24.950 25.400 24.700 99.200
13 CANTALUPPI Julieta ITA 23.875 24.275 24.275 24.550 96.975
14 RODE Mojca SLO 23.425 24.400 23.600 24.550 95.975
15 LI Hongyang CHN 23.500 23.100 24.800 24.200 95.600
16 KVIECZYVSKY Angelica BRA 24.075 23.200 24.075 22.775 94.125
17 GEHRINGER Ava USA 23.600 22.700 23.975 22.675 92.950
18 SHIN Soo Ji KOR 23.875 21.875 23.325 22.800 91.875
19 MENDLIKOVA Iva CZE 23.050 22.100 23.650 22.125 90.925
20 ONUKI Yuria JPN 23.700 23.375 23.675 19.750 90.500
21 HIDAKA Mai JPN 24.600 22.850 20.450 22.350 90.250
22 PAUNIC Snezana SRB 22.975 21.450 22.075 22.025 88.525
23 DING Yidan CHN 21.925 22.575 21.650 22.300 88.450
24 MARMER Rachel USA 22.325 21.525 22.950 21.575 88.375
25 GLUSHKOVA Xeniya KAZ 22.225 21.700 23.275 20.700 87.900
26 LEE Kyung Hwa KOR 21.900 22.175 22.200 21.600 87.875
27 SEME Tjasa SLO 21.725 21.075 22.500 20.950 86.250
28 AHONEN Silja FIN 23.375 20.400 20.950 20.900 85.625
29 CUPISTI Francesca ITA 20.975 20.875 21.875 21.200 84.925
30 MANTCHEVA Demetra CAN 22.425 21.600 20.550 20.225 84.800
31 SCHEFFER Ana Paula BRA 20.125 20.775 21.675 21.475 84.050
32 HUUHTANEN Julia FIN 22.800 20.400 19.400 21.125 83.725
33 ADOLPH Lauren CAN 21.100 20.275 20.700 21.425 83.500
34 WOJEWODKA Hanna POL 20.975 20.125 21.050 21.175 83.325
35 SULOJEVA Alina LAT 20.825 20.150 20.025 21.825 82.825
Rope
Rank Gymnast CC Diff. Arti. Exec. Pena. Total
1 KANAEVA Evgeniya RUS 9.375 9.450 9.450 - 28.275
2 BESSONOVA Anna UKR 9.000 9.400 9.350 - 27.750
3 KONDAKOVA Daria RUS 9.225 9.150 9.000 - 27.375
4 RISENZON Irina ISR 8.650 9.000 8.800 0.100 26.350
5 RUDALOVA Svetlana BLR 8.425 9.000 8.900 - 26.325
6 MITEVA Silviya BUL 8.100 9.150 8.750 - 26.000
7 YUSSUPOVA Aliya KAZ 8.150 8.900 8.650 - 25.700
8 WEBER Carolina AUT 7.850 8.600 8.550 0.100 24.900
Hoop
Rank Gymnast CC Diff. Arti. Exec. Pena. Total
1 KANAEVA Evgeniya RUS 9.300 9.350 9.200 - 27.850
2 RISENZON Irina ISR 8.875 9.000 8.950 0.050 26.775
3 YUSSUPOVA Aliya KAZ 8.650 8.950 8.800 - 26.400
4 RUDALOVA Svetlana BLR 8.825 8.750 8.700 - 26.275
5 MAKSYMENKO Alina UKR 8.325 9.050 8.800 - 26.175
6 MITEVA Silviya BUL 8.350 9.100 8.550 - 26.000
7 GURBANOVA Anna AZE 8.500 8.800 8.600 0.050 25.850
8 WEBER Carolina AUT 8.200 8.600 8.600 - 25.400
Ball
Rank Gymnast CC Diff. Arti. Exec. Pena. Total
1 KANAEVA Evgeniya RUS 9.450 9.600 9.500 - 28.550
2 BESSONOVA Anna UKR 8.750 9.450 9.500 - 27.700
3 KONDAKOVA Daria RUS 8.975 9.100 9.150 - 27.225
4 MITEVA Silviya BUL 8.650 9.100 9.100 - 26.850
5 YUSSUPOVA Aliya KAZ 8.375 9.000 9.000 0.050 26.325
6 RUDALOVA Svetlana BLR 8.250 8.900 8.800 - 25.950
7 RISENZON Irina ISR 8.350 8.900 8.700 - 25.950
8 GARAYEVA Aliya AZE 8.150 8.700 8.550 0.050 25.350
Ribbon
Rank Gymnast CC Diff. Arti. Exec. Pena. Total
1 KANAEVA Evgeniya RUS 9.350 9.400 9.300 - 28.050
2 BESSONOVA Anna UKR 8.950 9.450 9.450 - 27.850
3 KONDAKOVA Daria RUS 9.075 9.100 8.800 - 26.975
4 RISENZON Irina ISR 8.700 9.150 9.000 - 26.850
5 MITEVA Silviya BUL 8.600 9.000 8.950 0.050 26.500
6 RUDALOVA Svetlana BLR 8.625 8.850 8.900 - 26.375
7 YUSSUPOVA Aliya KAZ 8.200 9.000 8.900 - 26.100
8 MITROSZ Joanna POL 8.025 8.600 8.400 0.050 24.975
Groups All-Around
Rank Country 5 Hoops 3R + 2R Total
1 Russia 25.900 25.300 51.200
2 Japan 23.750 23.325 47.075
3 Ukraine 22.950 23.825 46.775
4 DPR Korea 22.100 20.850 42.950
5 Hoops
Rank Country Diff. Arti. Exec. Pena. Total
1 Russia 8.700 8.900 8.500 - 26.100
2 DPR Korea 8.000 8.750 8.100 - 24.850
3 Ukraine 7.400 8.400 8.100 - 23.900
4 Japan 7.200 8.050 7.350 - 22.600
3 Ribbons + 2 Ropes
Rank Country Diff. Arti. Exec. Pena. Total
1 Russia 8.100 8.500 8.200 - 24.800
2 Ukraine 7.725 8.500 7.800 - 24.025
3 Japan 7.375 7.750 7.450 - 22.575
4 DPR Korea 6.575 8.200 7.000 0.400 21.375

Last Updated: Wed, -0001-11-30 00:00:00

Tags:
Related Entries

Post Comment

Title

Author

Options

Posted example: Show

5 Comments RSS Feed

アノニマス @-

Morgothさま

残念ながらこの国の新体操は、科学に裏打ちされていないと言うか、はたまた感情に支配されていると言うべきか、といった状況です。
指導者と選手の関係は、常に選手が指導者に隷属することを強いられ、指導者の思うとおりに選手を矯正していくという面が非常に強いように感じられます。それは、ナショナルレベルの選手であってもです。

もし選手が潰れても、毎年次の世代が上がってきて更新されますから、指導者の方はその選手を切り捨てても安泰です。そこに反省はありません。
そして、同じことが毎年のように繰り返されて行きます。新体操は、フィギュアスケートのように選手がコーチを替えるということができませんから。

もちろん、全ての指導者がそうだというのではなく、中には選手と対等に向かい合い、選手の個性を生かした指導を行える指導者もいらっしゃるのでしょうが、選手を「ストレスをかけずに育てられる環境」が整うのは、まだまだ遠い先のこと、ひょっとして永遠にできないのかもとも思ってしまいます。

これから指導者を目指す若い選手達には、他の競技ではとっくに採用されている指導に関する科学を、しっかりと学んで欲しいと願います。

[Edit]

Morgoth @R/5d07kU

Dear: アノニマスさん
興味深いお話を聞かせてもらいました。日本は選手のケアなど体制が遅れているのでしょうか。あまり選手を追い込まない方向で、精神的、肉体的にストレスをかけずに育てられる環境が整うといいですね。

日高選手のユニバーシアードの動画が全てアップされてました。ボールの演技はかなり崩れていて、場外に転がってしまったりと、素人目に見ても調子は良くなさそうに見えました。

http://www.youtube.com/watch?v=6qP0LOcYv6U&fmt=18 [Universiade Belgrade 2009 Rhythmic Gymnastics 2 31 HIDAKA Mai JPN Rope]
http://www.youtube.com/watch?v=huZzOEF_n1c&fmt=18 [Universiade Belgrade 2009 Rhythmic Gymnastics 2 14 HIDAKA Mai JPN Hoop]
http://www.youtube.com/watch?v=d1WEg0wRIGI&fmt=18 [Universiade Belgrade 2009 Rhythmic Gymnastics 3 31 HIDAKA Mai JPN Ball]
http://www.youtube.com/watch?v=LRgHNJcMXGs&fmt=18 [Universiade Belgrade 2009 Rhythmic Gymnastics 3 14 HIDAKA Mai JPN Ribbon]

ベッソノワもフープを場外に転がしてしまった様子が伺えましたが・・・

アノニマス @-

日高さん21位でしたか。彼女の演技構成からすれば、こんなに低い点で終わるはずがないので、故障の影響が心配されます。
6月の代表決定競技会の時にもかなり悪そうな様子だったのに、間をおかずにこのような大きい大会への出場ですから、無理に無理を重ねているのではないでしょうか。
このままでは9月の世界選手権にも影響が出かねませんが、大丈夫でしょうか?。

日本では、選手が故障すると、選手自身の責任として責められることが多いのですが、コンディショニングの失敗は、基本的にはコーチの責任だろうと思います。

疲労骨折などのよけいなケガをしないように選手にブレーキをかけるのはコーチの仕事ですし、ケガをしないためのフィジカルトレーニング、メンタル面のサポート、からだを作るための栄養指導など、コーチが気を配らなければならないことはたくさんあります。

しかし残念ながら、日本では多くの選手がこうした総合的で適切な指導を受けることはなく、逆にコーチによって肉体的、精神的に追い込まれていくケースが多いように思われます。
そしてその結果を、あたかも選手自身の責任であるかのように言いつのって逃げてしまうケースが。
将来を期待されながら、それによって競技から離れてしまった選手(多くの場合、下本当の原因を知られることなく、いつの間にか消え去っていくのですが)を、私達はこれまでもたくさん見てきました。

最近の選手強化がうまく行っていないのも、元をたどればそんな所に原因があるのかもしれません。

選手の力量を上げるには、コーチの力量も上げる必要があるのです。そして、国内にのみ目を向けていては、それはとても望めません。

[Edit]

Morgoth @R/5d07kU

Dear: ニコさん
個人はたくさんアップされてるみたいですね。団体は今のところロシアとウクライナの2つしか見つけられなかったです。

http://www.youtube.com/watch?v=LhoZL9ycG4k&fmt=22 [Universiade 2009 Rhythmic Gymnastics Russia Yablochko HD]
http://www.youtube.com/watch?v=2aZUHf4pTT8&fmt=22 [Universiade 2009 Rhythmic Gymnastics Ukraine HD]

北朝鮮はどんな演技でしょうね。

[Edit]

ニコ @zLIqH6ZQ

おぉう!



団体に北朝鮮が出場していますね!

見てみたいです・・・!

TrackBack RSS Feed

:

Permalink URLs for this entry

:
Other: Show