新体操世界選手権の日本代表選手決定

Permanent of Entry #376

[Edit]

Categories:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

28日の世界新体操選手権大会日本代表決定競技会にて、1位の日高舞(東女体大)、2位の大貫友梨亜(東女体大OG)、3位の井上実美(飛行船クラブ)、6位で推奨枠の穴久保璃子(イオン)、以上の4人が日本の個人代表選手に決まった。

大会を観戦に行った方もおられるかと思うが、どうだったのだろう。

Last Updated: Wed, -0001-11-30 00:00:00

Tags:
Related Entries

Post Comment

Title

Author

Options

Posted example: Show

11 Comments RSS Feed

りんご @-

アノニマスさん、最高!!

アノニマス @-

決して公正とは言えない審判の力を持ってしても4位以内に入れなかった人を代表として送り出すのに抵抗があるのは確かですが、かと言って既に決まってしまったものを今更ひっくり返すことも難しいでしょう。

問題は、今後の選手選考でも同じような不明朗なことを協会は繰り返すつもりなのかどうかです。

新体操の場合、マイナーなのが災いして(協会にとっては幸いして)、選手選考(強化指定も含めて)の過程がマスコミの取材などを通して明らかになることはないので、誰がどのように決めているのかを外部の人間が知ることはできません。
誰が強化指定選手なのかを公表されることも、今はなくなりました(JOCの資料では15人ほど指定されているようですが)。

通常、選手選考に当たっての優遇措置というのは、それなりに経験や実績を積んだ選手が、選考のための試合に故障などで出場できなくなり、対象から外されるところを救済することが多いと思われます。

そのような場合でも異論はつきものだと思いますが、国際大会での順位を確保しようと思えば、やむを得ない措置であると納得もできるものです。
陸上などのタイムを競う競技と違って、採点競技である新体操は、選手の知名度や実績が得点に大きく影響しますから。

また、今回行われる世界選手権のように、4番手の選手は1種目しか出場せず、しかもその得点が国別対抗の点数には加算されるような場合には、特定の1種目がとても得意で選考会での点数も高いスペシャリストを選ぶというのも面白いのかもしれません。

ですから、代表選手選考での優遇措置を今後は無くすべきだとは言いませんが、その使い方が、国として正しく、多くの人に納得してもらえるようなものであって欲しいと願います。

[Edit]

どんぶり @PNaQDrHk

試合で決めた4位の4人が行くべきだと思います。

りんご @-

本当に本当にみんなの思うとおりですね。
実力で四人出すべきだったと思います。
今までは、高校生が実力で一人は入っていたのに、はいっていないのが
問題です。しかも二回も選考をやってなにをしているのだか・・・
NさんはAさんの当て馬だったと思っています。Aグループは協賛金をだして選手に固執しなければ、さすが!!新体操のために本当に力を注いでいる、と思われるのに。

AC @-

まったくの同感ですな!

アノニマス @-

スポーツナビに掲載された椎名桂子さんの記事(http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/text/200906290007-spnavi.html)中にある山崎さんの構想というものが本当なら、今回協会推薦枠の対象となった2人やそれに続く若手こそ、フェアリー・ジャパンに投入して団体の底上げを図るとともに、世界を経験させ、しかる後に個人に専念させるべきなのではないのでしょうか。

今回フェアリーの演技も見ましたが、世界でメダルを狙うレベルにはとても達していませんね。
実は、フェアリーの完璧な演技というものを見たことはまだ一度もないのですが、世界のレベルで比べると個々の難度のレベルは低いし、同調性にも欠けている上に投げ受けでミスされたのでは、本番ほんとうにだいじょうぶ?、と思ってしまいます。
観客席の応援も、いまいち白けた感じでしたし。
かと言って、東女体が良かったかというとそうでもないし。

でも、穴久保さんや中津さんが団体に入ってやれるのかは難しいところなのかもしれませんけどね。団体では協調性や瞬時の判断力、投げ受けの器用さなどが問われますから。

結局、山崎さんは9月の三重までは今のフェアリーのままで行って、地元開催の利を得てなんとか順位を確保して北京の失敗のお茶を濁し、その後でフェアリー・チャレンジに参加した選手達などにメンバーを入れ替えていくつもりなのでしょうが、体型ばかりに捕らわれていると、また同じ轍を踏むのではないかと心配です。
4年前のバクー大会の時のメンバーのように、本当に実力優先の大胆な選手選考をした上で、きちんとした強化を行うことが、日本らしい団体の演技を追求することにつながるような気がしてなりません。

[Edit]

Morgoth @R/5d07kU

Dear: コメント #720 さん
それぞれに、いろんな御意見があるのですよね。
疑問に感じることも多かったようで、意見を訊かせてくれてありがとうございます。

Anonymous @-

出来レースに説明なんかつくわきゃない
相変わらず体協、腐りすぎ

Anonymous @-

協会推薦枠は、将来性よりも協賛金が期待されているのではないかと思わせる試合内容で、大会まで数ヶ月しかないタイミングで2回も選考のための試合をやる必要があったのかと思ってしまう。
結局選手にいらぬ負担をかけて、故障者を増やしてしまっただけではないのだろうか。

2年に1回の大会であれば、少なくとも1年前までには代表を決めて、グランプリシリーズなど海外の試合に出し続けて名前を売ったり点数の出方をチェックしたりして強化していかなければ、入賞なんて夢のまた夢。

審判の点数の出し方も、首をかしげるようなものが散見されたが、審判部は試合後に全員でビデオを見直して、点数の出し方に問題がなかったかどうかを検証した方が良いだろうし、将来につなげるということであれば、ひとりひとりの選手に採点の基準となった評価を伝えるべきだと思う。
どこが良くてどこが悪かったのかを選手に伝えなければ、国としての競技力の向上はない。
しかし、それを自信を持って言える審判が果たして日本にどれくらい存在するのだろう?。

[Edit]

Morgoth @R/5d07kU

Dear: ニコさん
そうですね。実力で4位に入っているのに、代表4名に入れないのは悔しいでしょうね。

[Edit]

ニコ @zLIqH6ZQ

庄司さんは少しかわいそうですが、
これから頑張ってもらいたいです!!

TrackBack RSS Feed

:

Permalink URLs for this entry

:
Other: Show