五輪開会式で放送された巨人の足形花火はCG

Permanent of Entry #266

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北京五輪開会式のオープニングセレモニーの映像にCGが使われていたことが明らかとなり、話題になっている。

開会式でテレビ放映された巨人の足形花火の映像はCGだった。最後に「鳥の巣」から打ち上げられたもの以外は全てCGによる合成映像で、映像は約1年間かけて製作されたのだそうだ。北京の大気状態に合わせ少しかすんだ空気感にしたり、上空からヘリコプターで撮影したように見せるためにカメラを微妙に振動させる処理もしていたのだそうだ。放送で目にしたものはリアルではなく、事前に周到に準備されていたものが織り交ぜられていた。

まさか五輪の式典の映像にCGが使われていたなんて・・・恐るべし中国。

Last Updated: Wed, -0001-11-30 00:00:00

Tags:
Related Entries

Post Comment

Title

Author

Options

Posted example: Show

2 Comments RSS Feed

[Edit]

Morgoth @R/5d07kU

開会式で歌った少女は口パクだったとか。
見た目がかわいらしい少女をステージに立たせ、声が美しい別の少女が舞台裏で歌ったそうで‥
どこまで偽装されているのでしょうねぇ。

もも @-

なんと!!本物の花火だと思って感動していました…いやCGでも問題は無いんですけどね。。。

TrackBack RSS Feed

:

Permalink URLs for this entry

:
Other: Show