イリーナ・ヴィネル氏、ロシアの新体操選手はパリ五輪に出場しない宣言

Permanent of Entry #2534

[Edit]

Categories:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Irina Viner

ロシアのイリーナ・ヴィネルヘッドコーチは18日、ロシアの新体操選手たちは、二度と国旗国歌なしで演技することはないとタス通信に語った。

IOCの決めた中立の立場で競技に参加する気はないそうなので、来年開催予定のパリ五輪はロシアの新体操選手は不参加となることが確定的となっている。

Photo: Станислав Красильников/ ТАСС

以下、タス通信の該当記事の機械翻訳。

ヴィネル:ロシアの体操選手たちは、二度と国旗国歌なしで演技することはないだろう

全ロシア新体操連盟の会長は、このような状況で大会に参加することは、ロシアにとって非常に屈辱的なことだと述べた。

12月18日、北京。/ロシア新体操代表チームは、国旗と国歌を掲げずに国際大会に出場することは二度とないだろう。全ロシア新体操連盟会長でナショナルチームのヘッドコーチを務めるイリーナ・ヴィーナーはタス通信にこう語った。

「ヨーロッパの私たちは、つい最近までオリンピックの出場権を1つしか得ることができませんでした。- でも、何のために?「国旗もなく、国歌もなく、コミュニケーションもなく、ファンもなく、特別なユニフォームを着て、新体操のために選ばれた特別な音楽で。

「そこに行けば、恥になる。ロシアにとって、とても屈辱的なことだと思う。しかし、ロシアの新体操は絶対にそこには行かないし、ロシアの国旗と国歌なしで演技することは二度とないだろう」と代表チームのヘッドコーチは付け加えた。

2024年、新体操のオリンピック選考は大陸選手権を通じて行われる。12月1日、欧州体操連盟がロシアとベラルーシの選手に対し、同連盟主催のすべての大会への参加を禁止したため、ロシア選手は欧州選手権に参加できない。ロシア新体操代表チームは、東京オリンピックと2021年世界選手権(北九州市)で、国旗と国歌なしで演技しなければならなかった。

12月8日、国際オリンピック委員会(IOC)は、ロシアが中立の立場でパリ五輪に参加することを認めた。IOCは、ロシア人とベラルーシ人のすべての団体競技への参加を認めないと報告した。また、軍事行動を積極的に支持する者についても、オリンピックへの参加が拒否される。軍隊や国家安全保障組織に関係する人物はオリンピックに参加できない。関係者は競技に参加できない。ロシアとベラルーシの公式シンボルの掲出は禁止される。

パリオリンピックは2024年7月26日から8月11日まで開催される。

DeepL翻訳

Media Articles

Last Updated: Fri, 2023-12-22 17:00:04

Tags:
Related Entries

Post Comment

Title

Author

Options

Posted example: Show

0 Comments RSS Feed

TrackBack RSS Feed

:

Permalink URLs for this entry

:
Other: Show