元ブルガリアの新体操団体チームのメダリストがシルク・ドゥ・ソレイユの公演中に事故で大怪我

Permanent of Entry #173

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

International GYMNAST Magazine Online の記事 Cirque Aerialist Still in Critical Condition によると、1996年アトランタ五輪の新体操団体競技で銀メダルを獲得したときのブルガリア団体ナショナルチームのメンバー Maia Tabakova (29)が、11月13日にラスベガスで Cirque du Soleil (シルク・ドゥ・ソレイユ)のショー『Zumanity』の公演中に「Aerial Silks」という空中パフォーマンスで35フィート(約10メートル)の高さから落下して大怪我し大学メディカルセンターに搬送され、事故から8日経過した21日になってもまだ生命の危険な状態が続いているのだそうだ。

http://rsg.net/forum/viewtopic.php?p=188963#188963 これが本人だそうで、超美人だ。恐ろしい大事故に会ってしまった。シルク・ドゥ・ソレイユ危険なり。

Last Updated: Wed, -0001-11-30 00:00:00

Tags:
Related Entries

Post Comment

Title

Author

Options

Posted example: Show

4 Comments RSS Feed

[Edit]

Morgoth @R/5d07kU

Dear: RASUKINA さん
ラスキナと一緒に練習したのですか?!元日女の方ですかね。詳しい情報をありがとう御座います。

RASUKINA @-

ラスキナと一緒に練習したときにしゃべってましたよ。日女の発表会を最後にシルクに入団すると。。。だから、ラスキナは日女に手具を置いていきました。
でも今は結婚して幸せに暮らしているそうです

[Edit]

Morgoth @R/5d07kU

Dear: 子うめさん
ラスキナも所属していたのですね、知りませんでした。
新体操からの移行は多そうですよ。現在も Tamara Yerofeeva などがフープを使ったパフォーマンスで活躍しているようですし、一部のトップ新体操選手の引退後の受け皿の一つになっていると思います。

子うめ @-

怖いですね。回復を願います。
シルクといえば、シドニーで銀メダルのラスキナも引退後は所属してましたよね。フープを使った技で活躍!という記事を見たことがあります。

新体操界から流れていく選手が少なくないってことですかね?

TrackBack RSS Feed

:

Permalink URLs for this entry

:
Other: Show