世界新体操選手権2018・アジア競技大会2018の日本代表が決定

Permanent of Entry #1528

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本体操協会 Logo

4月21日から22日まで開催された世界新体操選手権・アジア競技大会日本代表選考会を経て、世界新体操選手権2018個人選手日本代表の3人目が大岩千未来選手に決定した。既にに皆川夏穂選手と喜田純鈴選手の出場は決まっている。団体の代表はフェアリージャパン。

また、アジア競技大会2018代表は大岩選手に加え、河崎羽珠愛選手、柴山瑠莉子選手、飯田由香選手に決定した。

第36回世界新体操選手権大会・第18回アジア競技大会日本代表選考会は全競技を終え、イオンの大岩千未来が60.900の得点でトップのスコアを出し、見事に世界選手権代表の座を手にした。世界選手権代表は他に、皆川夏穂(イオン/国士舘大学)、喜田純鈴(エンジェルRGカガワ日中/高松中央高等学校)の2名がすでに代表を確定している。団体の代表はフェアリー ジャパン POLA。

アジア競技大会代表は大岩に加えて、河崎羽珠愛(イオン/早稲田大学)、柴山瑠莉子(イオン)、飯田由香(イオン)の合計4名となった。

世界新体操代表3人目は大岩千未来に決定 [公益財団法人日本体操協会]

Last Updated: Sun, 2018-04-22 22:33:52

Tags:
Related Entries

Post Comment

Title

Author

Options

Posted example: Show

0 Comments RSS Feed

TrackBack RSS Feed

:

Permalink URLs for this entry

:
Other: Show