早川さくら選手、左腕負傷

Permanent of Entry #1156

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

共同通信によると日本体操協会から4日、リオ五輪代表候補の早川さくら選手がアジア選手権を欠場すると発表があったそうだ。ロシアでの練習中に左腕の痛みが続いたため、帰国して治療することになったとのこと。

日本体操協会は4日、新体操個人でリオデジャネイロ五輪代表候補の早川さくら(イオン)が8日からウズベキスタンで行われるアジア選手権を欠場すると発表した。拠点を置くロシアでの練習中に左腕の痛みが続いたため、帰国して治療を行うという。

早川は皆川夏穂(イオン)と五輪の出場枠「1」を争っており、アジア選手権は代表選考会4大会の一つとなっている。

新体操の早川がアジア選手権欠場 出場枠「1」争う五輪代表候補 [共同通信 47NEWS]

時事通信からもこの話題が報じられており、病院で検査を受ける予定。協会からは今後の大会出場について「調べてみないと分からない」ということだ。

日本体操協会は4日、新体操個人のリオデジャネイロ五輪代表候補の早川さくら(イオン)が、左腕のけがのためアジア選手権(8~10日、タシケント)を欠場すると発表した。早川と皆川夏穂(同)で争うリオ五輪代表は、この大会を含む7月までの4大会の結果で決まる。

早川は病院で検査を受ける予定。日本協会の渡辺守成専務理事は今後の大会出場について、「調べてみないと分からない」と話した。

早川、アジア選手権欠場=新体操 [時事通信]

様態の詳細はまだよくわからないが、大事を祈りたい。

Last Updated: Thu, 2016-05-05 00:46:45

Tags:
Related Entries

Post Comment

Title

Author

Options

Posted example: Show

0 Comments RSS Feed

TrackBack RSS Feed

:

Permalink URLs for this entry

:
Other: Show