ベラルーシ新体操ナショナルチーム事前合宿「SAKURA CAMP 2017」公開演技会

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

SAKURA CAMP 2017 poster

ベラルーシ共和国の東京五輪ホストタウンに登録された宮城県の白石市と柴田町で、ベラルーシ新体操ナショナルチームが東京五輪に向けた事前合宿を実施。

10月3日から11日までナショナルメンバー14名が来日、白石市文化体育活動センター(ホワイトキューブ)と仙台大学第4体育館で事前キャンプを行い、7日と8日に仙台大学とホワイトキューブで公開演技会を開催する。8日の演技会はホワイトキューブ開館20周年記念事業新体操演技発表会の一部として取り込まれたカタチとなっている。

入場無料。近場の人は是非観に行ってみよう。なお合宿中の練習等はすべて非公開となる模様。

追記 2017-09-19 20:00

10月9日にも仙台市体育館にて、公開練習が行われることが分かったので情報を追加。仙台大学での演技会は撮影も可能とのこと。

Read More

Tags:

イオンカップ 2017 の放送予定とエントリーリスト

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

Aeon Cup 2017 logo

イオンカップ 2017 の放送予定とエントリーリストが公開された。

追記 2017-09-24 20:00

テレビ朝日公式サイト情報追加。

Read More

Tags:

全日本新体操クラブ団体選手権 2017 のテレビ放送

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

全日本新体操クラブ団体選手権 2017 スカイA

東京体育館で8月26日から27日まで開催された全日本新体操クラブ団体選手権 2017 のテレビ放送情報。

CSのスカイAで10月から11月にかけて新体操団体とAGGを全チームノーカットで放送する予定となっている。公式サイトで放送スケジュールをチェックしよう。

Read More

Tags:

シュツットガルト・バレエ「ロメオとジュリエット」&バレエ「CLOSED」 in プレミアムシアター

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

Romeo And Juliet - Stuttgart Ballet

9月17日(日)24:20~ NHK-BSプレミアム放送のプレミアムシアターでシュツットガルト・バレエ「ロメオとジュリエット」と、チェコのバレエ・ダンスムービー「Closed - A Ballet from Real Life」(2016年制作)をやる予定になっている。

ちょっとづつ涼しくなってきたら、温かい紅茶を飲みながらバレエを観よう。

Read More

Tags:

世界新体操選手権 2017 ペーザロ大会 団体総合の動画

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

Russia 5 Hoops All-Around - World Championships Pesaro 2017

世界新体操選手権 2017 ペーザロ大会 団体総合の動画。

Read More

Tags:

アレクサンドラ・ソルダトワが MV に出演

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

Aleksandra Soldatova - Yan Space ft. Christian Burns - Planet Earth cover

ロシアの新体操選手アレクサンドラ・ソルダトワを起用したミュージックアーティストの MV が公開された。

ダンスミュージックレーベル Armada Music からリリースされた Yan Space の作品にソルダトワが主演している。

Read More

Tags:

世界新体操選手権 2017 ペーザロ大会 団体種目別決勝の動画

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

Japan 5 Hoops Final - World Championships Pesaro 2017

世界新体操選手権 2017 ペーザロ大会 団体種目別決勝の動画。

Read More

Tags:

World Championships Pesaro 2017 (後半) - Results

[Edit]

Categories:

Printer E-mail

World Championships Pesaro 2017 logo

イタリアのペーザロで8月30日から9月3日まで開催の世界新体操選手権 2017 の後半(1日-3日)、個人総合決勝と団体総合決勝、団体種目別決勝の結果。

個人総合決勝は24名で争われた。優勝ディナ・アヴェリナ(RUS)、準優勝アリーナ・アヴェリナ(RUS)、3位リノイ・アシュラム(ISR)、4位カチェリナ・ハルキナ(BLR)、5位皆川夏穂(JPN)、6位ローラ・ゼン(USA)、7位ネビアナ・ブラディノバ(BUL)、8位 AGIURGIUCULESE Alexandra (ITA)、9位 BALDASSARRI Milena (ITA)、10位カトリン・タセバ(BUL)、11位 GRISKENAS Evita (USA)、12位喜田純鈴(JPN)、13位アリーナ・ハルナスコ(BLR)、14位 FILIORIANU Ana Luiza (ROU)、15位サロメ・パザワ(GEO)、16位サビナ・アシルバエワ(KAZ)、17位ヴィクトリア・マズール(UKR)、18位アナスタシヤ・セルジュコワ(UZB)、19位オレナ・ディアチェンコ(UKR)、20位 KELAIDITI Eleni (GRE)、 21位 ZHAO Yating (CHN)、 22位 ZHAO Yating (CHN)、23位 RUPRECHT Nicol (AUT)、24位 VALIEVA Elina (GEO)。

ディナ・アヴェリナが個人総合のチャンピオンとなった。ロシアの同胞アレクサンドラ・ソルダトワが不在の中、アヴェリナ姉妹が個人競技の全種目を通じて独占状態でメダルを獲得した。

予選9位だった皆川夏穂選手が決勝で5位と大きく躍進、予選21位だった喜田純鈴選手も12位と大幅に順位を上げて健闘した。皆川選手の個人総合5位は、1975年大会に並ぶ日本選手の最高成績になるそうだ。

公式スポンサーのロンジン社から送られるロンジン賞 Longines Prize for Elegance は、地元イタリアの Alexandra Agiurgiuculese が受賞した。

また今回の世界選手権のジムナスティックスアンバサダーに任命された2004年五輪チャンピオンのアリーナ・カバエワから、地元イタリアの Milena Baldassari にアリーナ・カバエワ賞が送られた。

団体総合は29チームが出場した。優勝ロシア、準優勝ブルガリア、3位日本、4位イタリア、5位ベラルーシ、6位ウクライナ、7位アゼルバイジャン、8位中国、9位フランス、10位ウズベキスタン、11位フィンランド、12位アメリカ、13位ブラジル、14位ドイツ、15位スペイン、16位ギリシャ、17位ハンガリー、18位ポーランド、19位ラトビア、20位メキシコ、21位カナダ、22位カザフスタン、23位韓国、24位スロベニア、25位スイス、26位エストニア、27位エジプト、28位ノルウェイ、29位シンガポール。

団体も安定のロシアチームがチャンピオン。ワールドカップやチャレンジカップ、グランプリなどで調子が悪いことがあっても、大きなタイトルがかかった大会では確実に勝利を持っていく。それがロシアンクオリティ。

団体総合でも日本チームが銅メダルを獲得。総合でのメダル獲得は42年ぶりになるそうだ。日本新体操史上の記録に並ぶ成績を修めたことになる。団体の強豪とされてきたイタリアやベラルーシを押さえての表彰台。勢力図に変化が起きていることを実感した。

団体種目別5フープ:優勝イタリア、準優勝ロシア、銅日本。 団体種目別3ボール+2ロープ:優勝ロシア、準優勝日本、銅ブルガリア。

団体種目別でも日本は銀と銅に輝き、最終的に最多記録合計4個のメダルを獲得した。

Read More

Tags: